絶対笑顔でまだまだいっぱい夢見るブログ

日常について書くブログです. 技術的な話はこちら: http://papix.hatenablog.com

Amazonのウィッシュリストはこちら: https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/207LWIVX9Y04Q

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」 福岡公演1日目行ってきた

今日は現地でした, 明日も現地の予定です. とにかく今回は様々なことがあり, これはもう早いうちに書かないと全てが揮発していく, ということで急遽1日目の段階ですが感想を綴ります. なお前回の幕張公演の様子はこちらです:

papix.hatenablog.jp

感想

なおかれ最高かよ…

今日はここだけ書きます. ここだけ書いて寝る…

…さて, 神谷奈緒&北条加蓮が福岡公演で5thツアー初登場, ということで「なおかれで何かあるのでは?」という予想は常々行われていて, 「ここはやはり, 渋谷凛抜きでTrancing Pulseが…」というのが大方の本命だったと思います. しかしまあ… セレンディピティ… これまでも, 「まさか, このメンバーであの曲を!?」といった驚きが多々ありましたが, その結果として, まさかなおかれで, あんな手を打ってくるとは…

前半戦で2期アニメ曲枠(?)として「この空の下」が披露され, この枠での「Trancing Pulse」はなさそうで, とはいえ前半戦が終わったタイミングで出演者と過去の傾向から予想される「ソロ曲を披露していないメンバー」が奈緒と加蓮だった時点で「アッこれは…」という感じになりました. そこから後半戦で初手の「Take me☆Take you」からの「Frozen Tears」で, 最初に扉から出てきた加蓮が最後の方でステージ下に降りてきたタイミングで, 「あっこれは奈緒出て来るやつや, 掛け合いをしてNeo Beautiful Painかな…?」となり… まあ, ここまでは予想の範囲内でした.

…で, そこから, まさかの「Memories」. もう最初, 何が起きたのか完全に理解できず混乱しまくっていて, とはいえ徐々に「なおかれでMemories」という現実が理解され初め, そうすると脳内を様々な物語が駆け巡り, とにかく完全にキマっておりました.

アイドルマスターも, アイドルマスターシンデレラガールズも, これまでの12年でたくさんの物語を紡いできていて, いろいろな人の中に思い出がたくさん残っていて, その中にはもちろん奈緒と加蓮の物語と思い出もあって, アニメやゲームなど公式で紡がれたものはもちろん, そこから生まれた二次創作もあって… とにかく長い間積み重なった, 奈緒と加蓮の「思い出」が, この1曲に詰まっているように感じられて, 自分はこれまで述べてきた通り, まだシンデレラガールズを追い初めて1年という状態だけれど, それでもその間に見聞したたくさんの思い出が脳内を駆け巡って… なんか何を言っているのかわからなくなってきた, とにかく尊かった… それに尽きる!!!!!!!!

で, もうそうなれば, 続くのは「Neo Beautiful Pain」以外ありえない! という感じで… 正直, この曲をCDで聞いた時は, 「カッコイイし, クールだし, いい曲なんだけど, …なんか足りない?」みたいな感じがしていて, 何が足りないのか, とにかくわからなかったけど, 今日の「Neo Beautiful Pain」で奈緒の, そして奈緒を演じる松井さんの「ハート」, 或いは「情熱」みたいな, そういう感情が歌声から, ダンスから, そして完全に神谷奈緒としての「叫び」から, ビンビンと全身を通じて伝わってきて, それによって自分の中で最後のピースが埋まって, 自分の中での「Neo Beautiful Pain」という曲が完成した… そんな感じがします.

なんというか, これまでの公演を振り返ってくると, とにかくどれもこれも後半戦はとにかくアツく燃え上がる!!! という感じでしたが, 福岡公演の「Take me☆Take you」 -> 「Frozen Tears」 -> 「Memories」 -> 「Neo Beautiful Pain」 -> 「生存本能ヴァルキュリア」 -> 「Tulip」は完全に優勝という感じでした. ありがとうございました.

最後に

明日もやっていきましょう… よろしくお願いします…

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」 幕張公演見てきた

今回は残念ながら2日ともライブビューイングでした. ただ後述しますが, 今回はとにかくライブビューイングでも良いので見れて本当に良かった, とにかくあの瞬間を垣間見る事ができて, 本当に良かったという感じでした. なお前回の静岡公演の様子はこちらです:

papix.hatenablog.jp

感想

なぜライブに行くのか?

楽曲を聞いて楽しむならCDやゲーム(デレステ)で十分だし, ライブの様子を眺めたいならBDの発売を待てばよい. そういう状況で, なぜ自分は様々な出費を工面して, ライブやライブビューイングに赴くのか?

「そこに"楽しい"ライブがあるから」というのが, 最大で単純, かつわかりやすい理由ではある気がします. ライブはやっぱり楽しいと思っていて, 歌やダンス, トークといったパフォーマンスを眺めるのはもちろん, コールアンドレスポンスによる一体感のようなものも, 楽しさを沸き起こらせる源になっています. 更に今回の「Serendipity Parade!!!」の場合, 出演するメンバーからどの楽曲が来るのだろう? と予測する楽しさもあるし, その予想を上回る曲が来た時の感動, 或いは予想をしてた楽曲を, 思いもよらぬメンバーで披露した時の興奮…様々な感情が楽しさを彩ってくれていると思います.

…とはいえ, その「楽しさ」の源を深掘りしていけば, 10人のプロデューサーが10の回答(感情, 楽しみ方, スタンス…)をするような気がしています. そして今回の幕張公演は, 「自分のライブの楽しみ方」とは何なのか, そこがはっきり明確に感じられて, それによって深い感動に包まれた… そんなライブでした.

完全に自分でも書いていて「何を言っているんだ?」という気がしていたけれど, まあ文章を書かないことには進まないので続きを綴っていきます.

圧倒的だった「in fact」

…とにかく幕張公演の思い出は, 半分以上を「in fact」が占めています. あれは完全に素晴らしいものを見せていただいた, という気持ちです.

今回は前述の通り両日ともライブビューイング参戦で, これは完全に負け惜しみではありますが, 幕張公演の「in fact」は絶対にライブビューイングで見るべきで, ありすの細かい表情の変化, 動き, それに色を添えるカメラワークと光による演出, そういったものを目と耳で感じまくった結果, 気がついたらめちゃくちゃ泣いていて大変なことになっていました. さらに言えば2日目は「in fact」のイントロが流れた瞬間に, 1日目のことを思い出して泣く始末だったし…

更にその後の「この空の下」も完全に卑怯で, 冒頭のありすの「聞こえてくる みんなの声が…」で完全に涙腺が決壊しました. というか今も小倉のプロントであの日のことを思い出して書きながら泣きそうになっている状態で… あとは「この空の下」は, ありす以外のメンバーが周子と杏というのもまた良かったですね! あの2人は, 何となくありすが寂しそうにしている時に, なんだかんだ言いながら寄り添ってあげることができる, そういうシーンが容易に想像できるキャスティングで, 尊さを感じまくっていました.

“キャラクター"として, ライブを見る

アイドルマスターのような, 「コンテンツもの(?)」のライブの楽しみ方は様々な視点がある気がしていて, 「キャラクターを演じている"声優"が出演している」という視点(声優主体?)と, 「声優が, キャラクターとして出演している」という視点(キャラクター主体?)で, 大きく分けられる気がしています.

それで言えば自分は完全に後者, すなわちライブに"キャラクター"を見出していて(?), これまでゲームやアニメ, 或いは漫画, 更に言えば二次創作などで描かれてきた, たくさんの物語を元にして, ライブを見ながら新しい物語を感じる… そこがライブの楽しさを, 更に増幅させてくれているのだろうなあ, と改めて強く認識しました.

…そういえば, これまでの「Serendipity Parade!!!」のレポートを見ていると, ほとんど演者の名前ではなくキャラクター名で綴っていて, これは自分が声優界隈に詳しくない(!!!)というのもあるけれど, 上記のような理由もありそうな気がしました.

構成とセットリスト

大まかな構成は静岡公演から引き続きの, 前半3部構成 + 後半ぶっ続け, でした. 座長はまさかの美嘉…! 個人的には凛or未央と思っていたのでだいぶ驚きではありました. とはいえ, これもまた, 「カリスマアイドルが, 気持ちで引っ張る」という感じがあって, 尊さがありましたね.

「Shine!!」からの初手「Radio Happy」は予想外だったけど, とにかく会場のテンションを最高潮まで「アゲアゲ」にしていて良かったですね. ダンスもすごかった…

「in fact」と「この空の下」は前述の通りとにかく全てが最高で優勝でしたが, その路線で言えば「あいくるしい」もまた良かったですね. ゆかり役の藤田茜さんが, 完全にキャラクターと一致状態だったのもまた印象深かったです.

あとは「AnemoneStar」も, 完全に「ステージに, 渋谷凛がいる…」という感じだったし, 初披露の「命燃やして恋せよ乙女」も最高でした. 途中の「永遠の17歳乙女」, 「ビール大好き乙女」, 「流されやすい乙女」は思わず笑顔, そろそろCDが発売されますが, 原曲ではどのようになっているか, 或いは次にライブで披露するときにどのようになるのか, 楽しみですね.

これまた初披露の「SUN♡FLOWER」や, 5thツアーでは確か初めての「Can’t Stop!!」も大盛り上がりだったし(紗枝さんがバックダンサーしているのには驚きましたが), 「With Love」のセンター渋谷凛は, もう, なんというか, 完全に尊さなどの気持ちが溢れて笑顔になったし, 「Take me☆Take you」は… もう… 三船美優さん尊すぎるやろ……………………………………………………………………..(さまざまな感情が渦巻いている)

…なんというか, 良い意味でものすごく王道展開(?)で, 良いライブでしたね. これまでの公演の中で, 最も感情がごちゃまぜに揺り動かされた(?)公演だったような気がします.

最後に

いよいよ福岡公演ですね. 紆余曲折あり, なんと両日会場で見れそうな機運が高まりつつあります. とにかく今回は奈緒&加蓮ということでTrancing Pulseやって欲しい, やって欲しすぎる, という気持ちMAXです. Nothing but Youもありそうでは? という感じで楽しみですね, よろしくお願いします.

旅の思い出

先週末もまた旅をしてきたので, そのへんの様子を綴ります.

7/13 (木)

少し仕事を早めに切り上げて, 19:35に羽田を出発するJAL333で福岡空港へ.

翌々日に博多祇園山笠の「追い山笠」があるからか, 木曜日の夕方便にも関わらず満席, というか座席不足が見込まれるということで北九州空港行きの便への変更を募ったりしていました. 「面白そう」, ということで(謝礼金+交通費も出るので, ぶっちゃけ変更した方が儲かる!)名乗り出てみたものの, 予想以上に座席は足りていたようで, あえなく変更失敗となりました.

…で, 21時半頃に無事着陸して, id:debility さん辺りを呼び出してやっていこう! と思った所, お仕事でお忙しいということだったので, YAPC::Fukuokaで来た時に店の前を通ってちょっと気になっていたハンバーグ屋に行ってみることにしました.

www.kiwamiya.com

注文したのは, 「炭焼きハンバーグステーキ」のLサイズ(200グラム).

こういう感じで出てきます.

外側は炭火で炙っているものの, なんと中身は生.

それをこのように, 熱せられた石? の上で焼いて食べる感じです.

7/14 (金)

はてなには, 「夏休み」という最高の制度があり, 7月〜9月の間, 3日間自由に休暇を取ることができます. この日の夕方に行われるYAPC::Fukuokaの振り返りミーティングまで時間があったので, 金曜日を夏休み第1日目として, 適当にブラブラしていました.

福岡は, 特に今年はYAPC::Fukuokaの打ち合わせの為に何度も来たし, これまでも結構頻繁に来ています. 今回は, 気分を変えてちょっと遠い所に行ってみよう, ということで船に乗って海の中道まで行きました.

「海の中道海浜公園」というところがあり, そこではレンタサイクルで園内を回れる, ということで借りて走りました. 写真は玄界灘です.

ちなみに他の選択肢として, 「マリンワールド海の中道」という水族館があり, そこに行くという手もありましたが, 流石に平日の昼間に男1人で水族館に行くのは寂しすぎるのではないか? ということで今回は却下しました.

…まあ, 平日の昼間に男1人でレンタサイクル借りて公園を走りまくるのも大差ないのでは? という説がありますね.

海を見たり, 馬(というか, ポニー)を見たりしました.

草食べていますね.

…という感じで, ぐるっと7kmくらい自転車で走って, 再び船に乗って福岡市街へと戻りました.

7/15 (土)

で, 実は前日はホテルを取っておらず(「追い山笠」で, ホテルはどこも満員で値段が高騰しまくっていた), YAPC::FukuokaのMTGの後は, 打ち上げと称した飲み会から, 朝4時までカラオケへ繋がっていくという, 「どこの大学生だよ…」みたいな行いをしました.

とにかくこのカラオケはひどく, 酒に眼鏡が突っ込まれたり, 眼鏡が破壊されたり, とにかく大変という感じでした. 頑張っていきましょう.

さて, いい感じの時間になったので博多祇園山笠の「追い山笠」を見に行きます. これは朝5時くらいから, 幾つかの山笠が市内を走り回る, みたいな感じの催しで, 写真は4時半頃の博多市街の様子です.

この山笠は5kmくらい走るらしく, 更にその時間は計測されているそうで, とにかくそれぞれの山笠が高速に走り抜けていきます.

YAPC::Fukuokaの時に博多駅前に山笠が飾られていましたが, あれは「飾り山笠」と言うそうで, この「追い山笠」で走るのは, 走る専用(?)の「舁き山笠」というやつらしいです.

ただ1つだけ, 「飾り山笠」が走っていて, その様子がこれです. とにかくでかくてインパクトがあることがわかります.

…で, 6時くらいに解散して, 各自自宅などに戻っていきましたが, 自分は一路宗像市の大島へと向かいました. 大島は, 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産として世界遺産に登録されたりと, 最近注目を浴びたりしているのですが, YAPC::Fukuokaでもスタッフとして非常にお世話になった@hayashi_77さんがここにお住まいで, 前々から「是非行ってみて!」とオススメ頂いていたので, 夕方の飛行機までの時間, 足を運ぶことにしました.

www.e-aidem.com

前にりっすんに記事を書かれていたのを読んでいて, 「大島どういう所なんだろう, 一度は足を運んでみたいな」と思っていたので, 丁度よいタイミングでした.

で, ここでも再びレンタサイクルを借りて, 島をぐるっと1周しました.

とにかく海が綺麗!!!!!

景色も最高!!!!!

坂道が多くて大変だったものの, こういう事を見越して(?)レンタサイクルとして電動自転車が貸し出される(電動自転車しか置いていない)感じだったので, 何とかなりました. ちなみに14kmくらい走っていたようでした…

昼食は, 「民宿ふじ島」というところで煮魚定食をいただきました. 刺身もついていて1500円で完全優勝です, おめでとうございました.

minshuku-fujishima.jimdo.com

…という感じで, 再び船に乗り, そこからバスで福岡市街に戻って, 地下鉄で福岡空港へ向かいました.

そこから乗り込んだのは, 20:10に出発するJAL4414便. なんとここから東京に戻らず, フジドリームエアラインズ運行の便に乗り込んで, 愛知県の小牧空港へと向かったのでした.

7/16 (日)

名古屋に向かったのは, 名古屋在住で最近お会いしていない@issmさんにお会いする為でした. 小牧空港近くのホテルに泊まって, バスで名古屋市街まで向かいます.

ちなみに小牧空港といえば三菱重工のMRJ, ということで組み立て工場などがありました.

issmさんと無事合流して, ランチをしつつ近況などなどお話しながら2時間程度盛り上がり, そこから近鉄名古屋駅からアーバンライナーに乗り込んで上本町駅, そこから空港連絡バスで伊丹空港へ.

ここから東京… へ向かわず, 17:00に伊丹空港を出発するJAC2323に乗り込んで, 但馬空港へと向かいます.

7/17 (月)

豊岡で1泊して, まずは天橋立へ. 天橋立はいわゆる「日本三景」の1つですが, 他の2つ, すなわち広島県の宮島と宮城県の松島は既に一度行ったことあったので, 今回の天橋立で日本三景フルコンプという感じです.

京都丹後鉄道で豊岡駅から天橋立駅へ向かい, まずは智恩寺へ.

自由に触っていいらしいので触りました.

知恵を授かれるといいですね.

そこから船に乗って, 天橋立を眺めつつ対岸へ向かいます.

「鳥の餌」としてかっぱえびせんが売られていて, 同乗していた方が撒いていたので鳥たちが船を囲んでいました. 風情がありますね.

船を降りてすぐのところに元伊勢籠神社があったので, お参りしました.

亀 on 亀の様子です.

そこからリフトに乗って, 天橋立を一望できる傘松公園へ. あとはそこからバスに乗って成相寺を眺めたりしました.

天橋立に豪雨が直撃しようとしている様子です.

帰りもリフトで下っていきます.

で, 行きは船でしたが帰りは自転車を借りて, 天橋立を走っていきました. この旅行, とにかく自転車に乗りまくっていて, 今回はおよそ5kmくらい走っていました.

あじさいが綺麗に咲いていました.

昼食はしじみ丼を食べました.

…で, そこか再び電車で豊岡駅へ戻り, そこからバスに乗って城崎温泉へ.

結構時間がカツカツだったのですが, 適当に3つの外湯を巡りました.

チーズケーキがあったので, 食べるなどします.

城崎温泉からバスに乗り, 但馬空港へと向かい, 18:05発の伊丹空港行き, JAC2324に乗り込みます. 更に伊丹空港から, 20:20発の羽田空港行きに乗り込んで, 旅は無事終了と相成りました.

まとめ

とにかく今回は4日間で5回(羽田->福岡, 福岡->小牧, 伊丹->但馬, 但馬->伊丹, 伊丹->羽田)と飛行機に乗れて, JGC修行が捗ってよかったですね. 引き続き, JGCの修行を兼ねつつ, 旅をやっていきたいと思います.

さわやか

静岡公演に行くにあたって, 宮城公演で味をしめた(?)ので今回も車で行くぞ! と相成り, いつもの@iUratakuと, IM@Study HACKで知り合った@kahun_maskPや@fusagikoPと一緒に東京から向かった感じになりました.

んで, 折角だし「さわやかに行くぞ!」となり, 当初は会場最寄りの掛川IC近くの「さわやか 掛川インター店」に行こうと思った所, Twitterの情報によると11時時点でPが集結していて混雑しまくり, という情報が入ったので急遽手前の菊川ICで降りて, 「さわやか 菊川本店」で30分くらい待って食べたのが上のハンバーグです.

とにかく, ハンバーグを越えたハンバーグという感じで, 最高に美味でした… 仮にさわやかのハンバーグが真のハンバーグであるなら, これまで食べたハンバーグはハンバーグではなかったと言えるくらい, とにかく凄まじい. マジで最高の料理なので, 静岡に行く際は必ずさわやかに行きましょう. 絶対また行きたい.

後は, 初日終了後に魚介を食べながら日本酒飲んだり…

2日目の前に海鮮丼食べに行ったりしました. 静岡最高ですね, 良かったです.

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」 静岡公演行ってきた

今回は運良く, 両日とも現地で見ることができましたので, 感想を綴ります. なお前回の大阪公演の感想はこちらです:

papix.hatenablog.jp

感想

構成とセットリスト

大阪公演と同じく, 前半3部構成 + 後半ぶっ続け, という流れでした. 座長たる李衣菜が背中で引っ張った静岡公演もまた, とにかくもう後半戦が凄まじかったですね…

「Love∞Destiny」から, 飛鳥が煽りに煽って「共鳴世界の存在論」. そこからの「Sparkling Girl」, 「Rockin’ Emotion」の繋ぎは鉄板とはいえテンションは最高潮!!! そこから更に「ハイファイ☆デイズ」, 「純情Midnight伝説」で畳み掛けてくる… 最高でした.

特に「Love∞Destiny」のセンターまゆは, もうなんというか圧倒的という感じでしたね… ダンスもキレッキレで, スカートも髪も翻りまくっているし, なんというか"凄み", 或いは"激情"みたいなもの(?)を感じた気がします.

一方で前半戦はいきなりの「Romantic Now」で非常に良かったですね. 特に途中でみりあと薫ちゃんが2人でわちゃわちゃしているのが最高に尊かったです… そこからはCute曲ラッシュでしたが, 「き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!」はムービーも美麗でパリの風を感じた(?)し, 今回初披露の「追い風Running」もめちゃくちゃ良かったですね. 「秘密のトワレ」や「空と風と恋のワルツ」も良かったですが, 個人的には「ニャンと☆スペクタクル」はめっちゃ凄かった!!! 4thライブでは, 早口言葉の後に休憩タイム(?)が入るアレンジバージョンでしたが, 今回は早口からそのまま歌に繋がるオリジナルのままのバージョンで, 「1年前はできなかったことができるようになる」みたいな, 成長を感じる一幕という気がしました.

あとは「心もよう」をあのメンバーで披露するのは完全に予想外で驚きいっぱいだったし, 「shabon song」や「Jet to the Future」を聞けたのも良かっですね!!! 特に「Jet to the Future」は, 石川公演で初披露も両日ともにLVで眺めざるを得なかったので, めちゃくちゃ盛り上がっていました.

…なんというか, もう本当にどの曲も「驚き」とか, 「感動」とか, 「嬉しさ」とか, 「楽しい」とか, そういう強烈な感情を, モロに揺さぶって来るライブだったような気がします. なので, 終わった後は様々な感情がめちゃくちゃに入り混じって, なんとも不思議な余韻に浸ることができたような気がします…

二宮飛鳥が凄い

いやもう, とにかく凄かった… 2日通して, 本当にグッと惹きつけられました. 「共鳴世界の存在論」は, 最初の煽りから最後の「──さぁ, 往こうか」まで, もうとにかく圧倒的だったし, 「Love∞Destiny」とか, 「純情Midnight伝説」とか, 結構"らしくない"というか, “予想外の曲"で驚きを与えつつ, それぞれの曲できちんと飛鳥としての色(?)みたいなものを鮮烈に見せつけてくれた気がします.

そういえば, 2日目のお茶当てクイズでも, ちゃんと終始完璧に二宮飛鳥を演じきっていて素晴らしかったです…

最後に

次は幕張公演… がなんと今日からですね! 静岡公演終わってから, いろいろ慌ただしくて感想書くのがめちゃくちゃ遅れてしまった… 残念ながらチケットは手に入らなかったので, 両日LVで堪能する予定です. よろしくお願いします.