絶対笑顔でまだまだいっぱい夢見るブログ

日常について書くブログです. 技術的な話はこちら: http://papix.hatenablog.com

沖縄の思い出

YAPC::Okinawaというイベントがあって, 開催前1週間をガーッと休暇にして1週間ほど滞在していましたので, その時の様子をご紹介します.

序盤

沖縄の序盤は, 最近沖縄に移住した, 前職の同期であるところの id:hoto17296 と, その奥様であるところの id:gomayumax の家に泊めてもらっていました.

f:id:papix:20180225190111j:plain f:id:papix:20180226122756j:plain

泊めてもらったお礼に料理を作ったり(麻婆豆腐とミートソースを作った), スープカレーや沖縄そばを食べに行ったりしつつ, 久々の再開ということでいろいろ話したり, 楽しい時間を過ごさせてもらいました.

中盤

そもそもなぜ1週間も沖縄にいたのかというと, id:moznion さんが「YAPC::Okinawaにあわせて, 沖縄でリモートワークするぞ!」と宣言したからでした. 自分は, 様々な疲労があって疲れを癒そうと思って休暇として行きましたが, 実際に何人かは仕事をしていました(ちなみに生活空間としてAirBnBを借りて過ごしていました).

f:id:papix:20180226214213j:plain

合流初日の月曜日, ご飯を食べに行くぞということで, 観光も兼ねて国際通りを歩いている様子.

f:id:papix:20180226215651j:plain

目当ての店は閉店していて, 早速一回休み.

f:id:papix:20180227123522j:plain

火曜日, 宿の近くに「エルシャダイ」というステーキ屋があったのでみんなで行ったりしました. 一番良い肉を頼む.

f:id:papix:20180227143344j:plainf:id:papix:20180227144317j:plain

水曜日, id:uzulla さんがレンタカーを借りて来られていたので, 何人か乗せてもらって, 嘉手納の辺りに行った時の様子.

f:id:papix:20180227143759j:plainf:id:papix:20180227145448j:plainf:id:papix:20180227145710j:plain

米軍の戦闘機などが訓練をしていて, 写真を撮りまくっていました.

f:id:papix:20180227165312j:plainf:id:papix:20180227165332j:plain

時間があったので, 嘉手納から沖縄本島を横断? して平安座島の方へ.

f:id:papix:20180227165836j:plain

自撮りをする id:Pasta-K さん.

f:id:papix:20180227191542j:plain

沖縄といえばファミリーマートのコーヒー泡盛, ということで大人買いをした結果最悪な風景が登場しました.

f:id:papix:20180301150451j:plain

木曜日, 合流された id:side_tana さんの車に同乗させて頂いて, 古宇利島へ.

f:id:papix:20180301150523j:plainf:id:papix:20180301161827j:plain

借りられた車が何とオープンカーで, 良い体験をさせて頂きました. とにかく風が気持ちよい! あと, オープンカーでトンネルに入ると全てが最悪という学びも得ました.

f:id:papix:20180301164618j:plain

古宇利島の手前で, 別行動していた id:uzulla さん達(沖縄最北端まで行っていたそう)と合流して, みんなで古宇利島へ.

f:id:papix:20180301170901j:plain

古宇利島は二度目でしたが, とにかく景色がよくて最高でした.

f:id:papix:20180303000936j:plain

金曜日, YAPC::Okinawaの前夜祭終了後 id:onishi さんと合流して某社の方々と一緒に飲んでいたところ, 過酷なスケジュール(金曜日朝2時までオフィスでガンプラ作成 -> 不眠のまま関空へ移動 -> 沖縄到着 -> 国際通りで昼食の沖縄そば -> 琉球大で採用イベント -> id:Pasta-K さんと飲みに行く -> そのままYAPC::Okinawa前夜祭 -> からの, この飲み会)の結果, 途中で爆睡されていました.

感想

大抵遠出する時は一人旅だったので, 今回はいろいろな人と一緒に行動できたのでそれはそれで面白さがありました. たまにはこういう旅もいいものですね. それはそれとして沖縄はやっぱり最高なので, またタイミング見つけて行きたいですね. 今度は宮古島リベンジとかしたいです.

沖縄の様子

来週土曜日開催のYAPC::Okinawaに向けて, 昨日のうちに沖縄入りを果たしました. 多分一番早いと思います.

yapcjapan.org

さて, 沖縄の様子ですが, 天気予報では20度くらいの気温が続いていて, 東京より普通に5度以上高いです. とはいえ, 暑いという感じよりも, 「涼しくて心地よい」という表現がぴったりな気がします.

なので, 服装としては半袖ないし長袖のTシャツの上から, 薄い長袖のパーカーやウィンドブレーカーを1枚羽織れるようにしておくと, 寒暖で困ることはなさそうです. 現時点の天気予報を見てると, YAPC::Okinawaが開催される週末にかけて曇りの予報が出ているので, そういった意味でも"羽織るもの"の用意はしておいた方が良さそうですね.

その他YAPC::Okinawaに関する便利情報はこちらの記事に目を通しておくと良さそうです:

blog.yapcjapan.org

YAPC::Okinawa, バス移動など, これまでのYAPC::Japanシリーズではなかった施策が盛りだくさんなので, 参加する側も情報収集をしっかりして望みたいですね!

よし行くぞう! 青森!!

2月末に切れるJALのポイント(1ポイント1円換算)が5000ポイントあったので, 無駄にするのもな〜... と思い, 様々な検討を行った結果, 青森に行きました. その辺りの様子を紹介します.

2/17

朝8時20分発のJAL155に乗り込んで, まずは羽田から三沢へ. 三沢に降り立ったのは特に意味はなくて, 行きも帰りも青森空港だと面白くないので往路は三沢にするか, 程度の判断でした.

そこからバスで三沢駅に行き, 三沢駅から青い森鉄道で青森まで移動します. 青森駅に着いた頃には, ちょうど昼飯時だったので, 駅前にある「ねぶたの家ワ・ラッセ」の, 「魚っ喰いの田」に行きました.

魚っ喰いの田 ワ ラッセ店

ぐるなび魚っ喰いの田 ワ ラッセ店

ここは1480円で刺身食べ放題というところで, とにかくひたすらに刺身と白米を食べる機械となりました.

f:id:papix:20180217115208j:plain

8種類くらいの魚介類の刺身が無限に食べれて, とにかく最高です.

f:id:papix:20180217115731j:plain

このような, 海鮮丼っぽい行いももちろん可能です. 加えて, 鮭のアラ汁とか, 漬物とか, 魚介が苦手なお子様向けにカレーとかピザとかもありますし, サラダ, スイーツも完備していて, とにかく良かったです. 駅から徒歩5分もかからないので, 青森に行く時は是非この店に足を運ぶことをおすすめします.

f:id:papix:20180217134954j:plain

腹ごしらえも済んだので, 青森駅からバスに乗って五所川原へ. 次の予定まで若干の時間があったので, 「立佞武多の館」というところに行きました.

f:id:papix:20180217153746j:plainf:id:papix:20180217153741j:plainf:id:papix:20180217152758j:plain

青森と言えばねぷた(ねぶた)祭りですが, 土地ごとに特長があり, 五所川原では「立佞武多(たちねぷた)」という, 縦方向に長いねぷたが有名だそうです.「立佞武多の館」はその保存場所も兼ねていて, 立佞武多を様々な高さから眺めることができます.

f:id:papix:20180217153850j:plainf:id:papix:20180217154349j:plain

この辺りが動くようになっていて, 祭りの季節になると歩道が引き上げられ, その奥の扉が開き, 立佞武多が外に運び出されるそうです.

f:id:papix:20180217154719j:plain f:id:papix:20180217154400j:plain

様々な角度から立佞武多を見ることができます.

f:id:papix:20180217160634j:plain

ところで吉幾三です. 吉幾三さんは五所川原市の出身で, 「立佞武多」という歌も歌っており, Wikipediaの五所川原立佞武多によると,

祭りのスタート時には吉の乗った移動ステージ車が各山車を先導し、生の歌声を聞かせてくれるのが恒例となっている。

らしいです. すごく見てみたいですね.

f:id:papix:20180217160212j:plainf:id:papix:20180217160915j:plain

祭り囃子を奏でる太鼓の山車(?)ですが, 内心「これっぽいやつ, マッドマックス 怒りのデスロードで見た...」と思ったりしていました.

さて, 「立佞武多の館」を堪能したので, 続いて五所川原駅から津軽鉄道の乗り潰しを敢行します. 具体的には津軽中里駅まで行って, そのまま戻る感じ.

f:id:papix:20180217163129j:plain

津軽鉄道の五所川原駅には, 三上枝織さんのサインが飾られていました.

f:id:papix:20180217165957j:plainf:id:papix:20180217174429j:plain

...とにかくどんどん雪と風が強くなっていきます. 津軽鉄道は普通に往復できましたが, 五所川原から弘前までの五能線は止まっていたのでバス代行になりました. バス代行, 2〜3年前くらい前の冬に東北旅行をした時に, 大館から秋田間の運休を食らって以来だったので久々でした.

川部から奥羽本線に乗り継いで無事に青森に到着したものの, とにかくものすごい暴風で四苦八苦... とはいえなんとかホテルまでたどり着く事に成功して1日目が終わったのでした.

2/18

f:id:papix:20180218092755j:plain

朝食です, なんと貝焼き味噌があり食べました. めちゃくちゃ美味しい...

f:id:papix:20180218092951j:plain

泊まったホテルの食堂は最上階にあって, このように海が見える感じでした.

f:id:papix:20180218115230j:plain

ホテルで朝食を食べて, この日もまたバスに乗って黒石へ. 弘前近辺をブラブラします.

f:id:papix:20180218115843j:plain

酒蔵に立ち寄ったところ甘酒を頂いたり4種類くらいのお酒を試飲させて頂いたり... そして勢い良く1本日本酒を購入!!! そしてお店の人曰く, 「昨日は十年に一回くらいのものすごい風だった」と仰っていて, なんというタイミングで青森に行ったんだ... と思うなどしました.

f:id:papix:20180218121733j:plain

さて, 黒石から弘南鉄道で弘前へと向かいます.

f:id:papix:20180218131724j:plain

弘前駅から, バスに乗って弘前城の辺りへ.

f:id:papix:20180218133356j:plain

昨日に引き続き, 「津軽藩ねぷた村」というところがあったので入ってみました. 祭り囃子の実演(太鼓と笛)などがあって良かったです.

f:id:papix:20180218133359j:plain

ねぷた(ねぶた)は地域ごとに差があって, 昨日見た五所川原のねぷたは縦に大きかったり, 青森のねぶたは逆に横が大きかったりするそうです. そして"ねぷた"と呼ぶのは青森の中でも内陸部で, 沿岸部は"ねぶた"と呼ぶとかとか... そんな弘前のねぷたはこういう感じ.

f:id:papix:20180218135753j:plain

館内には, 伝統工芸の実演コーナーとか...

f:id:papix:20180218140758j:plainf:id:papix:20180218140708j:plain

庭園とかがありました.

f:id:papix:20180218141911j:plain

昼ごはんは「津軽旨米屋」で. 朝食でも食べた貝焼き味噌とか, けの汁(角切りになった根菜が入った味噌汁みたなもの)とか, 津軽の伝統的な料理が集まった定食を食べました. なんと朝に精米して, 釜で炊いた米が食べ放題ということで滅茶苦茶になりました.

f:id:papix:20180218150307j:plain

そのまま弘前城へ. 天守閣は冬季は閉鎖されているということで中に入ることはできませんでした.

f:id:papix:20180218150930j:plain

石垣の工事をしている様子で, 実は天守閣(奥に屋根が見えている)はもともとこの石垣のちょうど角にあったけれど, 老朽化などで補強する必要があり, さっきの位置まで曳屋で動かして補修している... そうです.

f:id:papix:20180218152049j:plain

津軽ねぷた村から, 弘前城の亀甲門から入り, 天守閣を経て追手門まで歩きました. このタイミングで, 次の目的地である大鰐温泉駅へ向かう電車が10分後に出発し, それを逃すと1時間待ちという事に気づいたので, タクシーに乗って中央弘前駅へ. さすがは地元のタクシー, すいすいと最短距離で到着して, 3分ほど余裕を持って電車に乗り込むことができました.

f:id:papix:20180218160544j:plain

大鰐温泉駅に到着しました. "大鰐"ということで駅前にはワニのオブジェとかがありました. あとは足湯とか.

駅前の「鰐come」という地域交流センター併設の温泉で疲れを癒やし, 帰りの飛行機が飛ぶ青森空港まで移動しようと思ったら, 今度は奥羽本線が運休!!! ということでタクシー代行で弘前駅まで向かうことに...

そこからもまた大変で, バスで青森空港まで移動したところ, 雪で飛行機のダイヤが乱れに乱れて, おおよそ1時間遅れ. 羽田空港に22時には到着している予定が23時になり, 自宅に帰った頃には1時頃で, とにかくクタクタという感じでした.

...とはいえ, 今回は津軽鉄道や弘南鉄道の乗り潰しに成功しましたし, 魚介や郷土料理なども非常に堪能しまくって, とにかく最高という感じでした. 青森, 滅茶苦茶に良いので皆さん是非行きましょう!!!

高松弾丸旅行

昨年, 53フライトの末にJGCの資格を手にしたのだけれど, その副産物としてJALのマイルが4万マイルくらい溜まりました. マイルには有効期限もあるし, 適宜使っていきましょうの精神で, ひとまず「どこかにマイル」で消化することにしました.

「どこかにマイル」とは?

www.jal.co.jp

...かいつまんで言えば, 「多少良心的な, 桃鉄のぶっとびカード」みたいなものです. 旅行する日程とだいたいの時間帯を指定すると, 4つの行き先候補が表示されます. そこから申込をすると, 数日後に候補の中から1つが選ばれ, その空港まで往復する特典航空券が手に入る, という代物. 羽田か伊丹発しか選べないものの, 通常よりもお手軽な6,000マイル(通常, 国内線を特典航空券で往復しようとすると, 12,000マイルくらいは必要になる)で往復の航空券が手に入るので, 自分のような適当に旅行するのが好きな人々にとってはたまらない制度です.

実は「どこかにマイル」を使うのは今回が2回目で, 前回の(そして初めての)「どこかへマイル」は高知でした.

papix.hatenablog.jp

今回の候補地は広島, 松山, 青森, 高松. そして結果としては高松が選択され, 昨日〜今日と高松に行ってきたので, そのへんの話をします.

1/27 琴平

まずはHNDから, JAL477でTAKへ. 早速サクララウンジで一杯.

f:id:papix:20180127083953j:plain

で, 高松空港に到着して, 当初はまず高松駅方面にバスで移動してから琴電で琴平に行こうと思っていたのですが, よくよく調べてみると高松空港から直接琴平に向かうバスがありました.

f:id:papix:20180127121218j:plain

...ので, それに乗り込み琴平へ. 写真はJRの琴平駅前からの風景.

f:id:papix:20180127121531j:plain

「高灯篭」という, めちゃくちゃにでかい灯籠がありました. 日本一高いらしい.

f:id:papix:20180127123231j:plain

琴平と言えば金刀比羅宮, というわけで歩いて向かっていると「うどん学校」なる設備が.

f:id:papix:20180127123628j:plain

香川といえばうどん県, というわけで適当にうどん屋へ入って肉うどん.

f:id:papix:20180127124454j:plain

清酒金陵の博物館があったりしたのでそれを見たり...

f:id:papix:20180127132026j:plain

で, 肝心の金刀比羅宮ですが, とにかく階段が500段くらいあって, ヒィヒィ言いながら登りました.

f:id:papix:20180127133147j:plain

途中, 白馬がいました. 金刀比羅宮の神馬だそうです.

f:id:papix:20180127135223j:plain f:id:papix:20180127135229j:plain

1時間くらいかかったものの, 何とか本宮までは登りました. ここから更に登ると奥宮があるそうなのですが, 流石に体力が破滅しそうだったので断念しました...

f:id:papix:20180127135622j:plain

ところでこれは「笑顔元気くん」です. どうも金刀比羅宮のキャラクターらしくて, 笑顔元気くんのお守りとかも売っているようでした: 金刀比羅宮 - 笑顔元気くん守り

f:id:papix:20180127144551j:plain

無事下山できたのでご褒美のオリーブのソフトクリーム. 見た目はすごい色をしていますが, オリーブの風味とコクがソフトクリームとマッチして非常に美味でした.

さて, 金刀比羅宮へのお参りも成功したので, 今度は琴電の乗りつぶしにチャレンジします.

まずは琴電琴平線で瓦町まで行き, 瓦町から琴電志度線に乗り換えて, 琴電志度駅へ. そこからさぬき市のコミュニティバスで大川バス本社前まで移動し, そこから徒歩数分の長尾駅から今度は琴電長尾線に乗り込んで, 終着駅の高松築港駅まで移動します.

もし琴電のみで琴電を乗り潰そうとすると, 琴電志度線と琴電長尾線をそれぞれ往復する必要がありますが, このコミュニティバスを活用すれば(1日往復4本しか走っていませんが)琴電志度線の終着駅の琴電志度駅と, 琴電長尾線の終着駅の長尾駅を短絡できるので, それぞれ往復せずに済み, 大幅な時間の短縮が実現できるのです!!!

...というわけで今回の旅行の目標を無事に達成(高松空港の利用と, 琴電の乗りつぶし)が無事に成功したので, ホテルに移動して休んだのでした.

1/28 高松

今日です. とりあえず栗林公園が良さそうな雰囲気があったので, 行ってみることにしました.

f:id:papix:20180128084902j:plain

いろいろな松があります.

f:id:papix:20180128085945j:plain

栗林公園は紫雲山と呼ばれる山の東麓にあって, ちょうどこの辺りが庭園と紫雲山の境目あたりでした.

庭園を東側から眺めると, 庭園のすぐ奥に紫雲山があるので, 近代的な人工物(マンションとかビルとか...)が紫雲山に隠されて(?), とにかく絶景です.

f:id:papix:20180128091741j:plain

だんごを食べて小休止...

f:id:papix:20180128092331j:plainf:id:papix:20180128092219j:plain

庭園内には池もたくさんあって, 鯉が泳いでいました. 事前に予約をすれば, 船で池を遊覧することもできるようでした.

f:id:papix:20180128092614j:plain

庭園の東側, 飛来峰と呼ばれる小高い丘から庭園と紫雲山を臨んだ様子です.

栗林公園はとにかく広くて, 今回は庭園の南側を中心に回りましたが, それでも1時間くらいかかりました(北側は40分くらいかかるそうです). とはいえ見応えは抜群なので, 庭園好きな方は高松に行った際是非足を運んでみると良さそうです.

栗林公園から瓦町までバスで移動して, スターバックスで小休止した後, 10分ほど歩いて名物の骨付鳥を食べに行きました.

f:id:papix:20180128112334j:plain

これが骨付き肉で, 歯ごたえがある「おやどり」と柔らかめの「ひなどり」があって, 今回は「ひなどり」にしました. とにかくスパイシーかつジューシーといった味わいで, ビールがめちゃくちゃに美味でした. 今度は絶対「おやどり」も頂きたい...

f:id:papix:20180128112410j:plain

ついでに「とりめし」も頂きます. こちらもまた鶏の旨味が詰まっていて最高に美味しかったです.

...で, そこから高松駅まで散歩がてら歩いて, バスで高松空港まで移動して, 今これを書いているという次第です.

f:id:papix:20180128131236j:plain

高松空港ですが, とにかくうどん推し, という感じで, 例えばソファがうどんの形をしたりしていました.

f:id:papix:20180128130832j:plainf:id:papix:20180128151210j:plain

...あとは, うどんの出汁が出てくる蛇口がありました.

f:id:papix:20180128130904j:plain

こんな感じで, うどんの出汁が味わえて便利でした.

f:id:papix:20180128212149j:plain

最後はカレーうどんでフィニッシュ.

感想

強行軍でしたが, いろいろ見学出来て良かったですね. 次もしもまた高松に行く機会があったら, ビールと骨付鳥で滅茶苦茶になりたいと思いました.

JGCのバッゲージタッグが届いた!

JGCの入会特典に名前入りの革製バッゲージタッグというのがあるのだけれど, 今日届いていたようでした.

光り輝く「JAL Global Club」の文字!

裏は名前入り!!!

...とはいえ, このバッゲージタッグに適する(?)旅行鞄とか持っていないし, しばらくは記念品として保管することになりそうですね. パスケースみたいに使えるのだったら, また別の使いみちはあったかもしれないけれど, そういうものでもないですし...