絶対笑顔でまだまだいっぱい夢見るブログ

日常について書くブログです. 技術的な話はこちら: https://papix.hatenablog.com

「SFC修行計画シート」のご紹介

この記事は, 「Spreadsheets/Excel Advent Calendar 2018」の13日目の記事です. 昨日は, id:ser1zw さんの「Excel VSTOアドイン開発入門」でした.

ser1zw.hatenablog.com

「SFC修行計画シート」のご紹介

さて, 突然ですが来年1月からSFCの修行を計画しています. SFCとは, 慶応大学湘南藤沢キャンパス... ではなく, 「スーパーフライヤーズカード」というクレジットカードのことです. これは日本の航空会社であるところの全日空(ANA)の特典の一種で, 1月1日から12月31日までの間に, ANAやスターアライアンスの飛行機に乗ることで貯まる「プレミアムポイント(PP)」を5万貯めると発行して手に入れることができます. ちなみに, PPを貯めてSFCを目指す行いを「修行」と言い, それを行う人達を「修行僧」と呼び, 無事PPを貯めてSFCを手に入れることを「解脱」と呼ぶ文化があったりします.

自分の場合, 昨年に日本航空(JAL)の資格であるところのJGC, 「JALグローバルクラブ」を解脱する(資格を手に入れる)ことに成功したので, 唐突に「来年はSFCをやろう」, となったのでした. 「JGCがあれば, 別にSFCはいらないのでは?」という声もあると思いますが, ...まあ旅行することを含めて, こういうのをやるのが趣味なので, そういうものと思っていただければ助かります. カメラを買って写真を買ったり, スプレッドシートを題材にした転生モノ小説を書いたりするような趣味があるように, 解脱に向けて計画を立てて, それを実践するという趣味もある, ということです. 多分.

「解脱」までの難易度

...さて, 個人的な印象として, 自分のような旅行好きな人間にとっては, JGCよりSFCの方がハードルが高いと思っています. JGCとSFCは解脱に至る条件がほぼ同じなのですが, JGCにはSFCにない「1年間でFOP(ANAにおけるPP)が2万5000かつ50回搭乗」という解脱条件があるからです. 50回搭乗, ということは年間25往復飛行機に乗れば良い訳で, 極端な話, 2週間に1回"どこかに"旅行に行けば解脱出来ます.

また, 2万5000FOPを貯めれば後は1フライトあたりの単価が安い路線に乗りまくる(例えば, 沖縄から石垣島や宮古島を結ぶ便は, うまく行けば1フライト6000円くらいで乗ることができます)ことで解脱するといった手が使えます. 自分の場合, JGC修行の際は, 42搭乗まで行った時点で, KIX→OKA→ISG→OGN→ISG→OKA→UEO→OKA→KIXという旅行プランを組み, 沖縄県の島々を巡る8フライトでJGC解脱, みたいなことをやりました. その時の様子がこのへんのブログエントリです(宣伝).

papix.hatenablog.jp

というわけで, SFCを解脱するには, 1月1日からの1年間で, なんとしても5万PPを稼がないといけません. そうなってくるとPP単価の良い路線に乗りまくるしかなくて, 東京在住者が国内路線中心に攻めていくなら, それはすなわち東京と沖縄を往復する... という選択肢のみが残ります. 効率を求めた時に, 行き先にアレンジが効かない部分は, (旅行好きにとって)SFC修行の難しさ, と言えるのではないでしょうか.

SFC修行は計画が大事(多分)

先に述べたように, JGCの時は「フライト回数」で解脱しましたが, 今回のSFCは「PP」で解脱しなければなりません. PPの計算は(フライト回数に比べれば)少々複雑なので, 「今自分は何PPを持っていて, 予約した分で何PP確保できそうか」を把握するのが大事と思いました.

12月になって, 「あと1万PP足りない...」とかなると, とにかく土日に飛行機に乗りまくる... みたいなことになりますし, その時に天候不順などがあってフライトが出来ず, その年のうちに5万PPまで到達できなければ, 全てが無意味になります. 計画的に, できれば余裕をもって10月頃には解脱しておきたいというのが正直なところです.

...そういうわけで, Googleスプレッドシートを使って, 「SFC修行計画シート」を作ったのでした.

f:id:papix:20181214012818p:plain

1月1日に, HND→OKA→ITMという旅程が組んであって, これは東京から実家のある大阪に帰省するために, 沖縄を経由して行くというものです. これは, 「新幹線で東京から大阪まで行けば1万4000円くらいかかるけれど, ANAで早めに予約したらHND→OKAとOKA→ITMで2フライト合わせて2万円近くで行ける, 新幹線に約6000円を足すことでPPが獲得できてお得!!!!!!!!!」という計算... もとい錯誤の元に予約されたアレです.

更に1月6日〜1月7日には, 大阪から自宅のある東京に戻るために, UKB→CTS→OKA→HNDとやっていて, つまり神戸から一旦札幌に向かって, そこから沖縄に飛んで東京に戻るということです. これは「せっかくANAで修行するのだから, ANAのみ運行している(多分)日本国内最長路線であるところの, 新千歳/那覇便に乗っておきたい」との思惑のもと予約されたアレです. 新年早々狂っていますが, まあSFCやJGCの修行というものはこういう感じで, 若干の狂気を孕んでいるものと思っています. そして本当の修行ガチ勢からすればこの程度はまだまだだと個人的には思っています(どうなんですかね?).

さて, この記事は「Spreadsheets/Excel Advent Calendar 2018」の記事なので, スプレッドシートの話をしましょう. このスプレッドシートの工夫点としては, 「最小限の入力で獲得できるPPがわかるようになっている」というところです. すなわち, 出発空港/到着空港の3レターコードと, それにかかった費用という, 3つの項目を入れる(とはいえ管理のため, スプレッドシートには別途手動で出発時間/到着時間/便名も入力しています)だけで, 自動的に...

  • 実マイル (航路ごとに定められたマイル数)
  • 積算率 (クラスによって, 実マイルのうち何%が獲得出来るかが定まっている)
  • 取得マイル (実マイル✕積算率)
  • PP倍率 (PPは取得マイルにPP倍率を掛けたもの, 国内線の場合2倍)
  • 獲得PP (取得マイル✕PP倍率)
  • PP単価 (獲得PP / 費用, 1PP獲得するのに何円かかるか)
  • 購入期限 (修行するにあたっては基本的に75日前まで予約可能な「ANA SUPER VALUE 75」で購入するので, 75日前まであと何日かを示す. とはいえ, 席が埋まれば埋まるほど, 「ANA SUPER VALUE 75」の中でも費用が上っていくので, なるべく早く予約することにこしたことはない)
  • 取消期限 (取消手数料だけでキャンセルできる55日前まであと何日か. これを越えると取消手数料に加えて出発日が近づくほど高額の費用がかかる)

といった項目が計算されるようになっています. PP単価は修行において重要な観点で, 一般にはPP単価が7前後に抑えられると「効率的」と呼べると思います.

実マイルの算出は, 一番右のroute列が重要な役割をしていて, ここはこのような式になっています: =IF(F3>B3, join("-",B3,F3), join("-",F3,B3))

一方で, 別シートには実マイルとPP倍率がまとまった実マイル表があって, route列の値と実マイル表を使って, 自動的に埋め込むようになっています. ...この辺り, もっとスマートな解法がありそうな気がしていますね.

f:id:papix:20181214014325p:plain

最終的には, 次のようなシートで集計しています. 3月末まで現在予定している全行程を達成すれば18,963PPが手に入り(だいたい目標の1/3), そのコストとして129,600円を既に支払っていることがわかります. PP単価は6.83, これは個人的にはかなり良い値になっていると思います.

f:id:papix:20181214014455p:plain

まとめ

...これ, スプレッドシートネタというか単なる修行ネタなのでは? という気がしてきましたね. とはいえまあ, 修行の計画を立てるにあたってスプレッドシートは非常に有用である!!!!!!!!!! ということを示せたのでヨシとしておきます. スプレッドシートさんいつもありがとう. そして皆さんも, 是非スプレッドシートを駆使して, JGCやSFCの修行を計画してみてください!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 計画するのも楽しいし, 実際にアクション(修行)するのも楽しくて二度美味しいですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

明日は...

明日の担当は埋まっていないので, きっと id:minemuracoffee さんが「転生したらSpreadsheetだった件」の第7話を書いて下さることと思います. お楽しみに!!!!!!

痛ダーツ(v3)作って完成した

papix.hatenablog.jp

先日用意した痛ダーツ(v2.5)ですが, 調子よく投げてていたものの, 今度はシャフトが根本から折れるというアクシデントが発生し, 厳しい気持ちになったので金属製(アルミ)を試してみることにしました. ...というわけでv3です.

f:id:papix:20181021234604j:plain

v3では, シャフトをHarrowsのコレットに変更しました. これはフライト側がネジになっていて, シャフトを挿入したあとにねじ込むことでフライトをしっかり固定出来るようになっています. 投げ続けると多少緩みが発生しますが, 多少緩んだ程度ではフライトが外れることがなく, 都度閉め直すことでフライトが外れることなく投げ続けることが出来ました.

また, フライトの図柄についても, これまではInkscapeを使っていましたが, 今回はGravit Designerを使ってみることにしました. Inkspaceよりも使い勝手が良かったので, これからはこっちを使っていこうと思います.

痛ダーツ(v2.5)を作った

papix.hatenablog.jp

えー, 昨日v2を作ったばかりなのですが, もうv2.5です. というわけで完成形はこちら.

f:id:papix:20181013000123j:plain

v1, v2よりも少し短い34mmのシャフトになりました. なぜシャフトが変わったかと言うと, 要するにシャフトが折れたからです.

f:id:papix:20181013000203j:plain

昨晩, v2を試しに30分ほど投げに行った所, 5回程度ダーツが落ちてしまったのですが, とりあえずシャフトからフライトが外れることはなくて「狙い通り...!」と思っていました. ただ, 最後の最後で落下時の衝撃が原因か, シャフトの先端の四叉になっている部分の1つが折れてしまいました(写真ではちょっとわかりにくいかもですが)...

そのため急遽, いろいろな長さのシャフトを試してみようと思って前に買っておいた34mmのシャフトを使って構築したのがv2.5です. シャフトの長さ以外でv2と違う点は以下の2点:

  • シャフト(PRO GRIP)に付属のリングを付けたままフライトを挿入した
  • フライトの先端に瞬間接着剤を塗ってからシャフトに挿入して固定するのではなく, シャフトにフライトを挿入した後, シャフトの四叉の先端にそれぞれ瞬間接着剤を塗って固定した

v2では, ダーツが落ちてフライトが外れた衝撃でリングを紛失してしまったものがあったので, リングなしでフライトを挿入して固定していました. その結果として, 多分シャフトにフライトが刺さりすぎて, シャフトの四叉の根本に負担がかかっていたのではないかと予想しています. その辺りを, リングを付けたままフライトを挿入することで防ごうと考えました. また瞬間接着剤によってシャフトの四叉の根本に負担がかかる可能性も考慮して, シャフトの四叉の先端部でウイングと接着するようにしてみました.

一旦v2.5を試しつつ, シャフトがウイングから外れやすいようであれば, リングはそのままにしてフライトの根本に瞬間接着剤を塗って固定するv2.6を試し, それも厳しそうなら前のエントリへのコメントで教えて頂いた「スリックスティック」というシャフトを活用したものとv3として, 試してみたいと思います.

痛ダーツ(v2)を作った

木曜日, 会社のSlackに登場した#dartsチャンネルで「さっくり投げに行きましょうか」ということになったので, 仕事が終わった後に2時間ほど投げに行きました. カウントアップ, クリケット, ゼロワンと一通り遊んだのですけれど... とにかく, 筐体の都合か何かわからないのだけれど, とにかくダーツが弾かれる. そしてその度に痛フライトが外れる... 最終的には3回投げたら1回弾かれる, くらいの頻度になっていて, もはやダーツを投げに来たのかフライトを装着しに来たのか分からない状態になってきて, 帰宅後いろいろと調べて対策を練ることにしました.

初代の痛ダーツは, 作ったフライトをそのままシャフトに挿入する形式で, 特に自作の痛いフライトはどうしても厚みがあるので, それもあって余計に外れやすくなるのでしょう. 一般的な対策としては, フライトにパンチで穴を開けて, シャフトリングを使う(フライトに開けた穴にシャフトリングを入れ, そこにシャフトを挿入する)というのがあります. シャフトリングによってシャフトがロックされるので, 単にフライトを挿入するよりは外れにくくなるはずです.

ショップでフライトを買ったりすると無料で穴あけ加工をしてくれるそうですが, とはいえ痛ダーツを穴あけ加工してもらうのは... こう... なんか... ね...? というわけで, 穴を開ける機械(グッズ)を買おうかとも検討したのですが, 安くても1500円〜3000円程度するようです. どうするかな〜と思案しているうちに, 「逆に考えるんだ, シャフトからフライトが外れなくなれば全てが解決するんだ」と気付き, フライトとシャフトを瞬間接着剤で接着する(= 永久的に固着する)というアイデアを思いつきました.

「でもそうすると, フライトがへたった時に交換できないのでは...?」という気持ちにもなりますが, そもそもとして今使っているシャフトは, TARGETのPRO GRIPというやつで, だいたい400円くらいです. なので, フライトを交換したい時はシャフトごと交換してしまえば良いのです!!!!!! なんという暴力的解決.

f:id:papix:20181012004437j:plain

...というわけで, せっかくなのでフライトも新製して痛ダーツ(v2)を作りました. フライト作成にかかった時間はだいたい1時間かからない程度でしょうか. 絵柄は前と一緒で, 前バージョンとの違いは前述の通り, フライトは瞬間接着剤でシャフトに固定している点のみです. シャフトからフライトを引き抜こうとしてみましたが, シュッと軽い力で抜けないようになっており, これは期待出来るのでは...? という気持ちがあります.

作業メモ

  • v1では, ラミネートカードを貼り付けた後にフライトの形を全て整形してから組み立てたが, v2ではラミネートカードを貼り付けた後カッターで6辺のみを直線に切った後に組み立てるようにした
    • フライトの細かい曲線は, 組み立て後(紙を張り合わせて, ダーツのフライトの形になってから)実施した
    • その方がフライトを糊で接着して組み立てる作業も楽で, 組み立て後の細かい修正も少なくて済んだ
  • 横着して, 自宅にあった安物の瞬間接着剤を使ったので, 瞬間接着剤の跡が少し白く濁って(?)しまった
    • v3を作る機会があれば, 乾燥後透明になる普通の瞬間接着剤を使うようにする

多良間島でまったりと

先月, 三連休と有給休暇を織り交ぜて沖縄に行っていたので, その様子を綴ります.

9/21 (金)

f:id:papix:20180921182710j:plain

JAL291で羽田から那覇へ. ちょうど夕方のフライトで, 夕日が綺麗でした.

f:id:papix:20180921212933j:plain

那覇空港でまこぴー( id:mackee_w )さんと合流, まこぴーさんが借りたレンタカーに同乗してアメリカンビレッジに行きました. 写真はオムライスとタコライスが融合? した「オムタコ」.

f:id:papix:20180921215220j:plainf:id:papix:20180921215551j:plain

アメリカンビレッジ, とにかく様々な電飾が光り輝いていて, いかにも「アメリカン」という感じでした.

f:id:papix:20180921221245j:plain

「夜景見に行くぞ!」と言いながら車を走らせつつ, 那覇市街に戻って解散.

9/22 (土)

そもそもなぜ那覇にいるかというと, 9/23にOkinawa.pmが開催されるからでした. というわけでこの日は宜野湾のコワーキングスペースでひたすら資料作りをしていました.

f:id:papix:20180922182319j:plain

作業が一段落したので, 「肉やるぞ!」ということでサムズアンカーインというステーキ屋へ. 運転しないので容赦なくビールをやっていきます.

f:id:papix:20180922182706j:plain

シュリンプカクテル.

f:id:papix:20180922183510j:plain

スープ. とにかく旨味爆発という感じで最高でした.

f:id:papix:20180922184809j:plain

このお店はフルマネージドで, 肉や野菜などが目の前の鉄板で勝手に焼かれていきます.

f:id:papix:20180922185004j:plain

美味い!!!!

f:id:papix:20180922185255j:plain

続いてガーリックライス.

f:id:papix:20181008232050g:plain

炎上!!!!!

f:id:papix:20180922185558j:plain

こちらも美味しく頂きました.

f:id:papix:20181008232145g:plain

調理しつつ, このようなパフォーマンスもあるのですが, 正直「失敗したら気まずすぎる...」という気持ちになってとにかく心配でした. ...失敗することはなかったのですが.

9/23 (日)

f:id:papix:20180923113842j:plain

この日はOkinawa.pm... とはいえ午後からの開催で, 午前中は余裕があったので, まこぴーさんと海中道路へ行きました.

f:id:papix:20180923114636j:plainf:id:papix:20180923120511j:plain

f:id:papix:20180923115802j:plain

前回は3月に来ましたが, 今回は9月でまだまだ夏という雰囲気ですね.

papix.hatenablog.jp

f:id:papix:20180923131537j:plain

Okinawa.pmの会場, 琉球大学近くの「麺家にらい」で昼食. そのまま真っすぐOkinawa.pmへと向かいました.

9/24 (月)

f:id:papix:20180924101834j:plain

Okinawa.pmも無事終わり, この日は宮古島へと向かいます. 10:30発のJTA557へ.

f:id:papix:20180924105502j:plain f:id:papix:20180924105703j:plain

1時間近いフライトで宮古島へ到着, そのままレンタカーを借りて島の東側向かいます.

papix.hatenablog.jp

前回宮古島に来た時は, 下地島を中心に巡ったので島の西側しか巡りきれなかったので, 今回は東側を中心に巡ることにしたのでした.

f:id:papix:20180924130510j:plain

まずは島の南側, 「うえのドイツ文化村」へ. これは何かと言うと, 本物のベルリンの壁です.

f:id:papix:20180924130437j:plainf:id:papix:20180924130514j:plain

左が西ドイツ, 右が東ドイツに面していて, 西側は壁に近づくことが出来たので様々な落書きが描かれている一方, 東側は近づくことが出来なかったので, このようにコンクリートがそのまま残っています.

f:id:papix:20180924134025j:plain

城と記念碑. 手前の記念碑は, ドイツのシュレーダー元首相が宮古島に来訪したことを記念して建てられたもので, 奥の城はドイツに実在するマルクスブルグ城をそのままの縮尺で建てたもの, らしい.

f:id:papix:20180924134555j:plainf:id:papix:20180924134607j:plainf:id:papix:20180924134620j:plain

城の頂上からの眺め.

f:id:papix:20180924144015j:plainf:id:papix:20180924145213j:plain

今日もまたソーキそば. アイスはおまけ.

f:id:papix:20180924154842j:plain

更に車を走らせて, 宮古島の最東端, 東平安名崎へ.

f:id:papix:20180924155804j:plainf:id:papix:20180924153630j:plain

あいにく雲が増えてきていますが, それでも良い景色です. しかし風がとにかく強い!

f:id:papix:20180924160553j:plainf:id:papix:20180924160651j:plain

f:id:papix:20180924160546j:plain

灯台に登ることが出来たので登りました. 言うまでもなくエレベーターといったものはなく, 自力で登る必要があり運動不足の身としては大変な思いをしました... とはいえ景色は最高. そして風は強い.

f:id:papix:20180924161032j:plain

灯台の投光器を間近に見ることが出来ました.

f:id:papix:20181008234319g:plain

とにかく波がすごい...

f:id:papix:20180924164521j:plain

...で, ホテルに戻る前に「宮古島メガソーラー実証研究設備」を見に行きました.

f:id:papix:20180924164537j:plainf:id:papix:20180924164954j:plain

宮古島のような離島でメガソーラー発電を行うとなると, 太陽光発電の弱点(天候によって出力が変化する)が際立ってくるので, 実際に太陽光発電を行いながらその対策を実験しているようでした.

9/25 (月)

f:id:papix:20180925090646j:plain

この日は多良間島へ向かいます. 09:20発のRAC891に乗り込みます.

f:id:papix:20180925094541j:plain

わずか30分前後のフライトで多良間島へ到着.

f:id:papix:20180925095052j:plain

手荷物の受け渡しが豪快で, 飛行機から降ろした荷物をトラックに積み込み, そのままバックで空港建屋に入って, 直接受け渡すという形式でした.

f:id:papix:20180925132604j:plain

宿にチェックインして(部屋の掃除がすぐに終わったので, 特別にチェックインさせてもらった), 一眠りした後, 周囲を散歩することにしました.

f:id:papix:20180925123908j:plain

こういう感じの町並みが続きます.

f:id:papix:20180925125011j:plain

ヤギもいました.

f:id:papix:20180925152020j:plain

「多良間村ふるさと民俗学習館」に行ったところ, 昔の日本語用タイプライターが展示されていて, 「へえ, こういう風になっていたのか...!」と眺めたりしていました.

f:id:papix:20180925173057j:plain

一通り散歩したので, 車を借りて島を回ることにしました. まずは島の北部にある前泊港.

f:id:papix:20180925174117j:plain

発電所.

f:id:papix:20180925174302j:plain

延々と畑が続きます.

f:id:papix:20180925175542j:plain

島の南東, 普天間港へ到着しました.

f:id:papix:20180925180619j:plainf:id:papix:20180925180612j:plain

この辺りはいくつか牧場があるようで, 道路から牛が見えたりしました.

f:id:papix:20180925180723j:plain

島の南側, 旧多良間島空港があった辺りで見かけた物体. 「何だこれ?」と思って車を止めて近づいたところ, 可倒式の風力発電機でした. 風が強い時はこのように倒して, 発電機が壊れるのを防げるようになっているようでした.

f:id:papix:20180925182549j:plain

日没が近づいてきたので, 島を縦断して八重山遠見台へ向かいます.

f:id:papix:20180925182728j:plainf:id:papix:20180925182720j:plain

展望台の最上部には, 鐘がありました.

f:id:papix:20180925182756j:plain

天気が良ければ八重山(石垣島)も見えたりする... らしいですが, あいにくの天気なので見えず.

f:id:papix:20180925182756j:plain

f:id:papix:20180925183044j:plainf:id:papix:20180925182814j:plain

とはいえ多良間島を一望できるスポットで, 更に多良間島の北にある水納島は十分に眺めることができました.

f:id:papix:20180925185939j:plain

宿での夕食. 多良間島は言うまでもなくコンビニなどはなく, 24時間営業ではないスーパーが数件ある程度なので, 念の為宿で朝食と夕食を食べられるよう予約しておいたのでした.

9/26 (火)

旅行の最終日. 夕方の便で宮古島へ向かい, そのまま羽田空港まで飛びます.

f:id:papix:20180926101156j:plain

というわけで, まずは多良間島空港へ. 自分が乗る1つ前の便の離陸を見に来ました.

f:id:papix:20180926101808j:plain

...無事離陸しました.

f:id:papix:20180926103510j:plainf:id:papix:20180926102452j:plain

ところで多良間島空港の駐車場にもヤギがいました. 島を訪れる人々を出迎えつつ, 雑草を食べているそうです.

f:id:papix:20180926103302j:plain

空港内部でこういうポスターを見つけたのだけれど, いろいろと大丈夫なのだろうか... 名前とか...

f:id:papix:20180926105715j:plain

空港から, そのまま島の西側をぐるっと回って, 南側にある「宮古市民の森」へ. この"宮古"は隣の宮古島ではなく, 岩手県の宮古市を指し, 江戸時代に宮古の船が座礁し, それを救助した縁でこのような名前になっている, とのこと.

f:id:papix:20180926123418j:plain

この時点でおおよそ12時過ぎ, 帰りの飛行機まで4時間程度の時間が余っていたので, 島の北側にある「ふる里海浜公園」で時間を潰すことにしました.

f:id:papix:20180926123444j:plain

台風が近づいている影響か, とにかく風は強いけれど, とはいえ景色は最高で, 町中にあるスーパーで買った弁当を食べつつ, いろいろ思案したり, 本を読んだりして過ごしました.

f:id:papix:20180926163029j:plain

...というわけで, RAC898で宮古島へ. 台風の影響で欠航の可能性も... といった話題もあったのですが無事飛んで一安心.

f:id:papix:20180926165039j:plainf:id:papix:20180926165105j:plain

帰りもまた30分程度のフライト. ここから3時間程度休憩して, 19:45のJTA22で羽田空港へ...

f:id:papix:20180926180933j:plain

...の予定が, 機材遅れの影響で30分程度遅れての出発. 思えば前回宮古島に来た時も同じ便で羽田に帰っていて, そちらも結構遅れていたような気がする...

感想

多良間島, とにかく時間がゆったり流れている感じがあって良かったですね. 今回は天気が微妙(曇り時々雨)で, かつ月が満月に近い状態で星空を眺めることが出来なかったので, そこがちょっと心残りではあります. とはいえ, これでOKA, UEO, MMY, TRA, ISG, OGNと降り立つことに成功して, 沖縄県で未踏の空港は北大東島(KTD)/南大東島(MMD)のみとなったので, こちらも折を見て訪れてみたいです. 来年はSFC修行で沖縄に何度も訪問せざるを得ないので, そこでなんとかタイミングを見つけられないか...