絶対笑顔でまだまだいっぱい夢見るブログ

日常について書くブログです. 技術的な話はこちら: http://papix.hatenablog.com

Amazonのウィッシュリストはこちら: https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/207LWIVX9Y04Q

宮古島の思い出

紆余曲折あって6月17日(土)〜18日(日)と沖縄に行く用事があり, そこから19日(月)に有給休暇を取得して, JGCの修行を兼ねて宮古島に行ってきました. 19日の8時発のRAC801で宮古島に行って, その日の19時40分発のJTA022で羽田に戻るという強行軍で, しかも天気予報は雨という感じだったのですが, 思っていた以上に良い天気(曇り時々小雨, ときには多少の晴れ間も)で, 宮古島をだいぶ堪能できました. というわけで, 様子をさっくりとブログに書きます.

那覇空港

那覇空港にて. バスで移動して乗り込みます. 先日乗った天草航空以来, 人生2回めのプロペラ機ですね.

離陸してから, だいたい1時間くらいで宮古島へ. 天気が悪かったこともあって, ずっとシートベルト着用サインが出たままでした.

宮古島

那覇空港で予約したレンタカーで, まずは伊良部島, そして下地島へ向かいます. 当初, 宮古島の大きさをかなり過小評価していて, 「晴れていたら自転車借りてレンタサイクルでも行けるのでは?」と, 今から考えれば完全にナメた思考をしていましたが, 結果としてはレンタカーを予約して大正解でしたね… 特に伊良部大橋は長いし高低差あるし, 自転車だと絶対に死んでいたでしょう*1.

さて, 真っ先に下地島に向かった理由はと言いますと, ストラトス・フォーの聖地巡礼をしたかったからです. ストラトス・フォーは, 流星群や隕石, 彗星などが絶え間なく降り注ぐ近未来の地球で, 天体危機管理機構という対天体災害対策のための組織で, 彗星を迎撃する超高高度迎撃機"メテオスイーパー"に乗り込む訓練生である少女達の活躍を描くSFアニメですが, その舞台となるのが下地島とそこにある下地島空港なのです.

下地島空港そのものは, 民間機の就航も訓練場としての利用も終了していて, 立ち入って良いのか判断つかず, とりあえず車でぐるっと一周してみることにしました.

下地島空港の, 北側の進入灯です. 通称「17エンド」. 結構な観光名所で, レンタカーに乗った観光客や, バスツアーも来ていました.

こんな感じ.

そこから少し南下したところにある「通り池」. 「ゲームに出てきそうなビジュアルだなー」と思いつつ歩いている途中で思い出しましたが, ストラトス・フォーの水着回で主人公たちが飛び込んでいた池, 多分ここですね…

こういう感じで2つの池が並んでいますが, 地下で海とつながっているらしいです.

下地島はこんな感じで, 続いて伊良部島をぐるっと一周. これは伊良部島の北の方にある, 「フナウサギバナタ」という像? です. これもストラトス・フォーの作中に出ていた気がする…

かなりでかくて迫力があります. ちなみに足元は展望台になっています.

続いて, 伊良部島の南で伊良部大橋を望む牧山展望台へ.

結構晴れ間も見えてきました. 日差しが厳しくなってきます.

伊良部大橋です.

再び伊良部大橋を渡って宮古島へ. 昼ごはんは「大和食堂」というところでソーキそばを.

そこから宮古島の北へ車を走らせて, 雪塩製塩所(沖縄土産の定番, 雪塩ちんすこうのところです)に行ったり, 島尻のマングローブ林を見たり.

自然のマングローブ林を見るのは人生初めてだったので, なかなかおもしろかったです.

羽田まで

そこから宮古島温泉で汗を流して, レンタカーを返却し, 少し早めに宮古島空港に戻った所, 帰りの飛行機の機材遅れで1時間遅れでの離陸となりました… 羽田に到着してからギリギリ終電はあったので, バスと電車とタクシーを乗り継いで帰宅して, 無事バタンキューと相成りました.

宮古島, 今回はおおよそ半日の滞在というかなりの強行軍になりましたが, レンタカーの力もあっていろいろと見ることが出来ました. 機会があれば, またゆっくり(今度はペカッとした快晴の下で!)遊びに行けたらよさそうですね.

おまけ: 沖縄の様子

沖縄での写真もいくつか載せておきます. 今回はだいたい id:moznion さんと id:karupanerura さんに同行していました. その節はどうもありがとうございました.

moznionさんの著者近影です.

タコスとタコライスです.

山羊の刺身です. 歯ごたえもすごいけど旨味もすごい.

山羊汁です. とにかく汁が濃くないのに最高に美味しくて優勝. 「小林銅蟲さんが好きそうな味」という評価もありました.

山羊のチィイリチャーです. とにかく酒が進む味で, 最高.

山羊を食べた後行った居酒屋です. 泡盛などを飲みました. 翌朝, 3人とも朝が早かった(moznionさんとkarupaneruraさんはエクストリーム出社, 自分は宮古島)だったので, モノレールの終電に間に合うようにお暇して, 完全に終了しました. よかったですね.

*1:自転車でも通行は可能らしい

高垣酒造「高垣」買った

和歌山県に高垣酒造という酒蔵があり, そこに和歌山県にある松尾酒店という酒屋さんが依頼して製造している日本酒が「高垣」です. なんと今見たら売り切れてた…

www.iisake.net

“和歌山県"に"高垣酒造"という酒蔵があることは前々から知っていたのだけれど, つい先月くらいに勢い余って大量に購入して, 今に至る感じです. 普通に手が届くお値段だけれど美味しくて, 個人的には常温よりも冷やした方が好きでした. とにかく最高.

www.sankei.com

なんとこういうニュースが出ていたので, ついついブログに綴ろうと思った次第です. なおこの記事は, 先日作り置きした豚肉の時雨煮をツマミに, 冷やした高垣を飲みながら綴っています. 今週は終了です, お疲れ様でした.

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」 大阪公演見てきた

今回は初日を現地(立ち見席)で, 2日目をLVで見てきましたので, 今回もさっくり感想を綴ります. なお前回の石川公演の感想はこちらです:

papix.hatenablog.jp

感想

構成とセットリスト

基本的構成は宮城公演や石川公演と同じでしたが, 後半戦が休憩なしで6曲ぶっ続け, という構成となっていて, とにかく凄かったですね…

蘭子の「華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~」で, 最後に小梅が登場してからの「Bloody Festa」, 輝子の「PANDEMIC ALONE」, 更に畳み掛けるかのように「LUNATIC SHOW」で会場を最高潮まで盛り上げて, 「よしここでトークで一息…」と思ったら, 間髪入れずに「Wonder goes on!!」, 「サマカニ!!」と続いていくので, 初日は完全に体力の調整を誤って終盤死にそうになっていました…

一方, 前半戦は個人的にはやはり「エチュードは1曲だけ」が最高でしたね!!! 特に台詞パートが小梅と涼さんだったのが非常に尊さ溢れていてよかったです… 他にも「モーレツ★世直しギルティ!」や「桜の頃」, 「キミのそばでずっと」の初披露もありましたし, 「桜の頃」へ続く「薄紅」や「青の一番星」という流れも良かったですね. 初日と2日目で, 紗枝さんと周子の順番が入れ替わって, お互い背中を押し合うようだった, みたいなトークもあって, これもまた尊さがありました. あとあれですね, 「青の一番星」本当に良くて, ダンサーさんの衣装とダンスが完全にデレステのMVを見ているようで本当に凄かった…

そういえば, 今回は宮城公演の"サイキックルーレット", 石川公演の"日替わり王子"のような, 日替わりの演出はありませんでした. その代わり, 途中のトークがどんどんカオスになっていって良かったですね. 特に初日のキレ芸で, 某ツバメの球団について突っ込まれているシーンは涙なしには見ることができませんでした. シンデレラガールズのキャラクターを演じる面々が, 「一門」と呼ばれる理由を強烈に見せつけて頂いた, という感じでしたね.

まあとにかく, いろいろなことがありましたが, 今回も最高でした…

ムービー演出

今回, 結構印象に残っているのがステージの後ろで流れているムービーの演出で, 最初の「はにかみDays」とか, 或いは「薄紅」, 「青の一番星」とか, そしてもちろん「桜の頃」も, すごく花吹雪が綺麗でした. 大阪公演の会場の大阪城公園は, 言うまでもなく桜の名所(誰か忘れたけれど, 最後のトークで言及していた気がしますね)で, それを思い起こさせる素晴らしいムービーだったなーと思います.

あの「ステージの後ろに流れているムービー」が結構好きで, 特に初日の立ち見席がステージからだいぶ離れた場所になってしまったので, 「歌っている姿を見ながら, ムービーも見る」みたいな感じになっていて, 大阪公演は結構ムービーも堪能できた気がします. LVだと, 出演者の姿はすごく良く見えるのに対して, こういったムービーを含む会場の演出が見づらい, というのが心苦しいですね…

ちなみに個人的には「EVERMORE」のムービーが好きで, サビの城に向かって進んでいくシーンとか, 最後のサビ前の「春」, 「夏」, 「秋」, 「冬」の演出とかめちゃくちゃ好きです.

最後に

次は静岡公演ですね. こちらは運良く(宮城と同じく)両日現地参戦の予定です. 東京からレンタカーを借りて車で馳せ参じる見込みです(同乗者募集中). よろしくお願いします.

あわせてよみたい

papix.hatenablog.jp

素朴かもしれない日常の様子

mochapi.hatenadiary.jp

様子です

今日は自宅(実家)作業しており, 適当なタイミングで作業を切り上げて実家を出て現地に向かい, 知人と合流して入り口に向かって歩いてたら, 「ンー, めっちゃ横顔 id:astj さんっぽい人いるけど, まさかそんなこたぁないやろ…」って思っていたら, なんと本人だった. めっちゃビビった.

素朴な日常, たまーにこのようなセレンディピティがあるので, まったくもって人生は楽しいですね(?).

なお

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」 大阪公演の感想は明日書きます. 一言だけ述べるなら, 「エチュードは一曲だけ」最高やろ… です. よろしくお願いします.

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」 石川公演見てきた

今回は残念ながら両日ともライブビューイング参加と相成りましたが, やっていきましたので簡単に感想を綴ります. なお前回の宮城公演の感想はこちらです:

papix.hatenablog.jp

感想

構成とセットリスト

基本的な構成は宮城公演の時とほぼ同じで,

  • 両日とも"ほぼ"同じセットリスト
  • アンコール含めて約3時間構成
  • スペシャルゲストなし

という感じでした.

一方で石川公演では, 1日目と2日目で「絶対特権主張しますっ!」と「オルゴールの小箱」の順番が入れ替わる(「会場の盛り上がりを考慮して入れ替えた」というトークがありましたね)という曲順の変更だったり, 「おかしな国のおかし屋さん」で2日目に急遽(?)王子のマントが追加されたりと, “1つの公演の中でもクオリティが高まっていく"という, 試行錯誤(?)を垣間見れたような感じもします.

個人的な印象ですが, 宮城公演は結構大騒ぎというか, 「ミラクルテレパシー」, 「Orange Sapphire」, 「気持ちいいよね 一等賞!」, 「メルヘン∞メタモルフォーゼ!」, 「あんきら!? 狂想曲」, 「純情Midnight伝説」, 「サマカニ!!」とかとか, 勢いのあり, コールの激しい曲が多かったイメージがありましたが, 石川公演は「Yes! Party Time!!」, 「絶対特権主張しますっ!」, 「Jet to the Future」などなど勢いのある曲あり, 「オルゴールの小箱」, 「あいくるしい」, 「Love∞Destiny」, 「空と風と恋のワルツ」などなどしっとり聞かせる曲もあり, 「おかしな国のおかし屋さん」, 「Sweet Witches' Night ~6人目はだぁれ~」といった独特の雰囲気がある曲(?)あり, と非常にバランスの取れた(?), 緩急のある構成になっていた気がします.

特にあれですね, 「Sparkling Girl」からの「Rockin' Emotion」で会場を散々盛り上げまくった後に「Hotel Moonside」で引き締めて, そこから「Jet to the Future」を持ってくる展開は鳥肌モノでした.

他にも, 「あいくるしい」の演出(ステージ上の階段に座りながら歌ったり…)と, まゆの力のこもった熱唱はかなり圧倒されましたし, 「おかしな国のおかし屋さん」恒例となりつつある日替わり王子(?)や, 定番のレモンタルト(今回は石川の有名なお菓子屋さんに特注で作ってもらったレモンタルトだそうで, 初日は美味しすぎて焦り, 2日目は食べる時に一度フォークから落としてしまって「あっ…」て言っていた, 気がする…)も印象深かったです.

まあなんというか, 今回も本当に最高でした…

顕現する森久保

今回すごく感動したのが, ステージの上での森久保乃々役の高橋花林さんの振る舞いが, 完全に森久保になっているところでした. 自信なさげに, 視線もそわそわしながら, でもキメるところはしっかりキメる… そんな森久保がステージの上に顕現している様子を, 本当にじっくり(?)眺めることが出来ました.

そういうこともあって, 前回の宮城公演は両日現地, 今回の石川公演は両日LVだった訳ですが, 改めてLVにはLVの良さがあるなーというのを実感しましね. …まあ, もちろん現地には現地の良さがあって, あの"会場の一体感"は代えがたいとは思う訳ですが.

最後に

次は大阪公演ですね. 本当は両日ともライブビューイングの予定でしたが, 紆余曲折あって初日の立ち見券が手に入ったので急遽参戦と相成りました. 既に業務の調整も済んでいて, あとは現地に向かうのみ! という感じです. よろしくお願いします.

あわせてよみたい

astj.hatenablog.com